口の中の宇宙

実体験だけ書いています

薬の副作用で深刻なドライマウスに…私のとった対策と結果まとめ

calendar

睡眠導入剤レンドルミンのジェネリックであるブロチゾラムを服用しているうち、深刻な口の渇きに悩まされるようになったこと、そして減薬&断薬を試みた結果前回までの記事のとおりです。

しかし、私は口渇が気になってすぐに減薬できたわけではありません。
入眠障害はそう都合よく治ってくれないので、まずは薬を服用したままでいかに口の渇きを防げるか、試行錯誤でした。

今回は、この時期に私が試したドライマウス対策をご紹介します。

 

スポンサーリンク

私が試した薬の副作用による口渇対策

1.美味しい水を常備する。

我が家にはAW・ウォーターのウォーターサーバーを設置してあり、この水は本当に美味しいです。
水を飲むことは健康にも良いので、確かにむくみなどは緩和されたような気もします。
しかし好んで飲むのと、渇いて苦しいと思って飲むのとでは大違い
外出先でもペットボトルの水が手放せず、荷物も重くなり、根本的な解決にはなりませんでした。

 

2.おやつは飴にする。

もともと毎日おやつを食べるような習慣はありませんが、何とか唾液を出そうとすると、ケーキやクッキーよりも自然とキャンディーを求めるようになりました。
レモンや梅干しなど酸っぱいものを食べた時(あるいは想像した時)に、唾液はわいてきますよね?
そこで最初はロッテキャンディ 小梅 大玉2個入り(68g)を買いました(リンクは楽天)。

確かに口の中がキュッとして唾液が出るのですが、口渇のせいで舌先までピリピリして痛んでいた私には、直接的な刺激が強すぎました
また、ドライマウス対策のせいで虫歯ができたり太ったり、というのは避けたいところ。
そこでバイオポリスハーブキャンディーに切り替えました(リンクは公式サイト)。



この飴はノンシュガーのうえ、1粒(2g)約4キロカロリー。
ちなみにハーブのほかブルーベリーとオレンジ味がありますが、私は喉まで渇ききっていたのでハーブにしました。
これはスッキリする作用が強く唾液もかなり出るのでオススメです

 

3.マウスウォッシュを使用する。

これは歯科医に聞いたのですが、たいていのマウスウォッシュを使用した後は唾液が出やすくなるそうです。
ドラッグストアやコンビニでも手に入りますが、私は歯周病専門薬用プロポリスハミガキを使用して歯周ポケットが改善されたのを受け、同じシリーズのプロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】を使うようになりました(リンクは公式サイト)。

ブラジル産の高濃度プロポリスを高配合しており、歯周病菌を殺菌、また歯垢を除去し口臭も予防してくれるので、口渇以外の効果が非常に大きいのが特徴です

これを使用した後は、清潔になった口腔内に一気に唾液がわいてきます

 

ここまで、私が実際に実施していたドライマウス対策を三つご紹介いたしました。
ただし残念ながら、ここで挙げたものは薬の副作用として起こる口渇には、ほとんどが一時しのぎです。

そのためどれもエンドレスに感じ、最終手段として断薬に踏み切った次第です。

 

睡眠導入剤の代わりになる商品はあるの?

ところで日本という国は薬の使用量が非常に多く、薬大国と言われています。
副作用として口渇を引き起こす薬も、一種類や二種類ではありません。
これらのうち、内科的な薬を減薬・断薬するのはとても難しいと思います。

しかし入眠障害に限って言えば、処方薬以外の対策もあるのです。
もちろん効き目はレンドルミン(ブロチゾラム)に敵いませんが、私はドライマウスの苦痛が睡眠不足の苦痛を上回った時点で、何とか薬を断ちたいと思い、睡眠のほうも工夫してみました。

いくつもの睡眠ヘルプ系サプリやグッズを渡り歩いた結果、個人的に最も効果的だったのは休息不足に24種類のハーブの力【Suyattoハーブの休息】です(リンクは公式サイト)。


ワインボトルのような瓶がオシャレで気持ちも上がります。

これは不眠や入眠障害で悩む方のため、24種類の天然ハーブエキス(うち、12種類の休息ハーブ配合)と、2種類の休息アミノ酸を配合した休息ドリンクです。

天然素材で抽出しているため、薬とちがって依存性も副作用もなく安心です

この量(17~25ml)をお湯割りにして、お風呂上りに飲んでいます(夏は水や炭酸水で割るのもオススメ)。
ほんのりした甘みがあり美味しくて、とてもほっとするひと時。

これを飲むと、いつもより早く、そして深くまどろむことができます

2017年モンドセレクションで最高金賞も受賞してますよ。


まとめ

睡眠導入剤の副作用として現れる症状には個人差があります。
前記事でもお伝えしたように、私は口腔内全体が痛むほど悪化しましたが、薬を減らしたり断ったりすることで、ドライマウス自体は解消されました

すると悩みの種となるのは睡眠不足。
でも、湯船で温まってからの休息ドリンクという流れで、睡眠不足のほうも解消できそうです。

ただし、これらは私個人の実体験に過ぎません。
薬を減らしたり、変えたり、断ったりする際には主治医にご相談くださいね。

私のこの苦悩と試行錯誤の日々が、睡眠導入剤の副作用・ドライマウスに悩む方の参考になりましたら幸いです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA