口の中の宇宙

実体験だけ書いています

納得!歯科検診で教えてもらったデンタルフロスの選び方と使い方

calendar

reload

納得!歯科検診で教えてもらったデンタルフロスの選び方と使い方

前記事では、新年早々行ってきた歯科検診&クリーニングの内容と費用について詳しく書きました。
皆さんは歯科にはどれくらいの頻度で通っていらっしゃるでしょうか?
私は三ヵ月に一度で、この頻度には二つの理由があります。

一つはもちろん、虫歯や歯周病を予防・早期発見できるから。
以前は半年に一度でしたが、これは虫歯ができた時、十分に進行してしまう期間です。痛みが出る頃には手遅れなので、予防に力を入れているのです。

もう一つの理由は、気になること・困っていることを早期に相談・解決できるからです。
過去には噛み合わせの気になるところをその場で治してもらったことがありますし、歯周病を初期の段階で改善したこともあります。

先日の検診の際にも、私はあることを歯科衛生士に相談し、納得の解決法を教えてもらいました。
それはデンタルフロスの選び方と、使い方のコツについてです。

 

スポンサーリンク

デンタルフロスが苦手だった理由

実は私、デンタルフロスが大の苦手でした。それはもう、キライと言ってもいいほどに…
というのもフロスがうまく歯の間に入らないし、いったん入ると今度はなかなか抜けないんです。

しかし検診の際に相談してみて納得、そのフロスは私の歯には合っていませんでした。

デンタルフロスには大別すると二つのタイプがありますよね。
取っ手つきのホルダータイプと、適切な長さを切って使う糸巻タイプです。

私はホルダータイプのフロスを買ってみたのですが、歯の間にフロスを入れるのが大変で、まさに力技でした。

もっと困るのがフロスを引っこ抜く時で、焦れば焦るほど出て来ない。
フンッ!と力づくで抜くたびに手を顔にぶつけるし、歯にもすごく負担がかかっているように感じられたのです。

先日の健診の際にこのことを伝えると、私の歯にはホルダータイプのものは向かないのだと言われました。

フロスにも向き・不向きがあるとは目から鱗!

 

ではホルダータイプのフロスが合わないのはどのような人なのでしょうか?
歯科衛生士さんに話を聞いてきました。

二本の歯の間にインレー(詰め物)がある

歯と歯の間が虫歯になることは少なくありません。

↓このように隣り合った歯同士が虫歯になり治療をすると、お互いの詰め物が向き合った状態になりますよね。

歯と歯の間にすき間がある場合はフロスもすんなり入りますが、私のようにぎゅぎゅっと歯が並んでいると、フロスが詰め物に引っ掛かってしまうことがあります。
この状態でフロスを無理やり引き上げて、詰め物が取れてしまった人もいるそうです。

私が昨年の初夏に治療してオールセラミック(e-max)の詰め物をした箇所も、まさにこのようになっています。

ではどうするべきか?

答えは「糸巻タイプのフロスを使用する」です。

なぜなら、ホルダータイプだとグッとフロスを引き上げないといけませんが、糸巻タイプのフロスは横からスーッと抜き取ることができるから

このタイプは切って使うため、糸の端がフリーになっているのです。

私が今回クリニックで実際に購入したのはジーシー(GC) ルシェロ フロス 1個 (30m)
※リンクは楽天

このようにケースに付いている小さなカッターで糸を切って使います。

30~40cmほど引き出して切り、左右の中指び糸を巻き付けたらピンと張った状態で使います。

歯間に通してノコギリを引くように小さく動かしながら、上下にも動かします。

その際はまず前側の歯に押し付けるようにこすり、次に後ろ側の歯をこするようにこすると効果的だそうです。

思ったよりも簡単でした!それにいつもより口内がスッキリです!

 

フロスで奥歯を磨く時のコツ

もう一つ、フロスの使用について歯科衛生士さんにもらったアドバイスがあります。

使い方を教わって目の前で練習した時、最初は奥歯にフロスが上手く入らなかったんです。

すると「口を大きく開けすぎですよ。力を抜いてもう少し閉じましょう。」と言われました。

口を大きく開けると頬が張った状態となり、フロスを動かす余地が狭くなります。
少し閉じ気味にしたほうが頬に余裕ができる(突っ張らずフニフニ伸びる)ので、逆に動かしやすいというわけ。

確かに!ガンバリ過ぎていました(笑)

「奥歯は難しく感じますが、慣れたら手際よくできますから。」とのこと。

フロスは毎晩の使用が理想的ですが、三日に一度でもとにかく継続して使用すべきだそうです。

ジーシー(GC) ルシェロ フロス 1個 (30m)はとても使いやすいので、三ヵ月後の検診&クリーニングまできちんと使い続けたいと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA